虹色の点灯式

先日、完成したばかりの

azukicafeさんに特注オーダーした
フットランプ用の什器。


優しい木目のナチュラル感を残しつつ
重厚感と品のある仕上がりが
とても気に入っています。


まずはフットランプを一つ、差し込んでみました。

作品がもっとも見栄えよく飾れるように

幅、高さ、奥行き
緻密に打ち合わせした甲斐あって

収まりのバランスや、影の映り込み具合が
もう言うこと無しの出来映えです。


azuki cafeさん。

実は我が家からも車で10分もあれば行けちゃう
ご近所さん♪

木工博士の名前で親しまれている優しいご主人が
オーダーで木工製作をしてくださいます。


木の温もりを大切にして
ずっしりと重みのある素材の良さを最大限に生かし

カフェのような
お洒落な木工家具を作ってくださいます。


キッズ向けの木工製作のワークショップも
開催しています。
9月は『おうち型の黒板』を作るみたいです。

我が家のレゴ大好き少年も
行きたくて行きたくて
目をキラキラさせています。


10月には『クラフトフェア vol.1〜和みの時間〜』と題して
和モダン、北欧モダンをテーマに
様々な作家さん方のこだわりのある作品達がならぶ
マルシェも開催されます。


また、年に数回開催される
azuki cafeでのhand madeマルシェでは

たった数日間の開催にもかかわらず
毎回400名以上の来場者数があり

のどかな住宅地の一角が
突然大変な賑わいになります。


ホームページは現在製作中だそうです。
Facebookページ、Instagramがあります。

ご興味ある方は是非こちらからどうぞ

さて、
HAKUに戻りますね^ ^。


夜になって、いよいよ…
点灯式です。

毎度のことですが、
初めて作品に光を入れる時は
緊張します。


スイッチをonにして
わざと見ないようにして
後ろから回り込んでいきます。(笑


6つある小部屋から
それぞれに虹色の光が漏れて
まるでパステルで彩られたよう。


自然の風合いを残した白の内壁に
反射してこぼれる光は

なんとも優しい色で溢れています。


そしてついに…
ごたいめ〜ん*(^o^)/*




HAKUの代表作とも言える
お馴染みのフットランプでしたが

素敵な什器のおかげで
作品が一段も二段も
美しく見えるようです。


見せ方って大事だな〜。


それぞれの小部屋の中で虹色に、
内壁だけでなく
天井にも映り込む影模様。


実際にお部屋の足元に付けた時は

このような螺旋模様の影とガラスの煌めきが
後ろの壁に投影されます。

それがこの作品の
特徴でありアピールポイントでもあります。


フミコレには各一色ずつ
持って行く予定です。

什器がずっしり重いので
がんばって担ぐぞ〜。

一人で大丈夫かな…(ちょっと不安(^^;;



********************
一般女性がモデルになれるファッションショー
第5回Fumiko Collection
日時:9月20日(火)12時~15時半
 
場所:青山セントグレース大聖堂
東京都港区北青山3-9-14
東京メトロ表参道駅から徒歩3分
詳しくはこちらをどうぞ

《HAKUもブース出展させていただきます》

0コメント

  • 1000 / 1000