フミコレレポ第二弾: 青山セントグレイス大聖堂とステンドグラス

1ステンドファンにとっては
日本にいながらにして
これだけ大きなステンドの絵付けパネルを
こんな間近に見ることができるなんて
本当に幸せなこと。

もう二度とここに立ち入ることはないと思うので
写真だけでもまとめてみます。


よくステンドグラスは、
細かい部分も色ガラスを組み立てているだけだ
と思われがちなのですが、

実際は『絵付け』と言って、
細かい描写はグリザイユという顔料と筆を用いて
描かれています。
イエスキリスト様のお顔とか
衣服のドレープとかね。

ヨーロッパの伝統技法では
ワインビネガーで溶いたグリザイユで
輪郭を描き、焼成してから、

さらに水溶きのグリザイユを
薄く重ねつけて、影をつけてゆき、
その度に再び釜に入れ焼成する。
これを何度も繰り返していきます。

エマイユという彩色の顔料を
最後に焼成することもあります。


私も聖カタリナ像という
中世ヨーロッパの模写パネルを作りましたが
1ピース仕上げるのに
6〜8回は釜に入れ焼成を繰り返しました。

こんな手のかかる絵付けパネルは
もう頼まれても二度とやらないでしょう…(^^;;


この日、会場のステンドグラスパネルは
見納めだと思って
しっかり目に焼き付けてきました。


ちょっとブログを書きながら
寝落ちしてしまったので

第三弾はまた今度…

つづく

0コメント

  • 1000 / 1000