フミコレレポ第三弾 : HAKUのブース出展

お待たせいたしました。
ようやくブース出展当日のHAKUの様子です。

ブース出展前も大変な慌ただしさでしたが
当日はもちろんのこと
終わってからも大変な慌ただしさになるなんて

予想してはいたものの
いざそうなってみるとなかなかのもんですね(^^;;

情報が新鮮なうちに
早くお伝えしたかったのですが、
ブログが後回しになっちゃいました。


さて、出展当日、懸念していたのは
前日に搬入した
段ボール(大)5個分にもなる大量の荷物を
わずかな時間で無事にセッティングできるか。

久しぶりにドキドキしました。

大人になってからは、できればなるべく、
『緊張』というストレスを感じないで
毎日を送りたいと思っている私。ですが

今回は心臓に悪かった。

でも自宅で何度もシュミレーションして
練習したから、多分大丈夫!!
あとはいかに手際よくやるか、だけ!!

で、事前の話では、
90センチ角の机一台と聞いていたので

リハーサルでは
こんなレイアウトのイメージで練習しました。


ところが、当日、話が2点3点して
結局机2台を使わせていただくことに。

アルバムも置けるから
広くなったのは嬉しいんだけど

レイアウトを考えながらセッティングするのに
半日かかったことを考えると…

軽くテンパります。

配線があみだくじの網の目のようにすごいからね。
一つランプを移動するだけでも一苦労。

まぁ、とにかく出すだけ出してやるしかない。
一枚だけ設営風景の写真を撮っておいたけど
あとはもうそんな余裕もなく 

もうこうなったらとにかく並べるだけ並べちゃえ〜
と、

バババー!

途中、関西からスケットに来てくれた
私の頼もしいパートナーの活躍もあり
なんとか時間内にセッティングを
終わらせることができました。


ここからは当日のHAKUブースの様子を
お楽しみください^ ^

右から

左から^ ^

正面から(^^;;


今回の展示に合わせて
オーダーメイドしたサンキャッチャー用飾り台。
HAKU仕様の長いサンキャッチャーも
吊るして展示することができて
省スペースで言うことなしです。
これからも大活躍してくれそうな予感♪



スワロフスキーシャンデリアパーツを
贅沢にあしらったツリーサンキャッチャーは
中央に配置しました。
スワロフスキーパーツは
簡単に取り外すことができるので
ツリーのステンドグラス単体でも
アクセサリーを飾ったり
工夫次第でいろんな使い方ができます。

シンプルに見えますが、実はあちらこちらに
こだわりの職人技を駆使した、
ちょっと真似したくない
(作るのめんどくさいて思われる?)
ツリーステンドグラスなんですよ。


さて、大聖堂でのファッションショーが終わり
パーティが始まりました。

嬉しいことに
HAKUのブースにも一瞬にして人だかり。
私もあっちやこっち、接客に大忙しで

残念なことに
ブースの盛り上がりの様子を撮ることを
すっかり忘れていました。
ていうか、そんな余裕はありませんでした(T_T)


私のブログを見て観覧を申し込んでくださった
岡山からお越しのi-glassさんが
後日、お写真を送ってくださいました。

i-glassさん、わざわざお越しいただいて
ありがとうございました。
そして、こんなに素敵にお写真撮っていただいて
ありがとうございました。
i-glassさんは岡山でガラスのトンボ玉を
お作りになられています。

こ〜んな可愛い猫ちゃんとか♡

肉球。
猫好きにはたまりませんね。


トンボ玉って、あの小さな小さなガラスの中に
ギュッと技術が凝縮されていて
ものすごく世界観があるなぁと思います。

同じガラス繋がりで、このようなご縁をいただけて
本当に嬉しいです。
i-glassさん、ありがとうございました。

(i-glassさんのブログは、こちらからどうぞ♡)





同じブース出展をしていた、Liange mieux(リアンジェ ミュー)の齊藤あすかさんも

いつの間にかたくさんの写真を
撮っていて下さって、お写真送ってくれました。


新作のウォールナットのベースにあしらった
candyランプも
この日は初お目見えでしたが
アップの写真を撮っていなかったので
嬉しいです。


たくさんの写真を最後は
コラージュにしてまとめてくださいました。
ありがとうございます♡

Liange mieuxさんのブースの様子は
次回のフミコレレポ第4弾で
ご紹介したいと思っています。

あすかさん、ありがとうございました。

(Liange mieux あすかさんのブログはこちら♡)
他にもいろんな方が
SNSでHAKUブースの様子をアップしてくださって
ありがとうございます。

お買い上げ頂いた方も
本当にありがとうございました。

オーダーを頂きましたお品は
これから順番にお作りさせていただきますので
楽しみに待っていてくださいね。

そして、フミコレが無事終わるまで
ずっとオーダーを待っていてくださった方も
これからようやく製作に入れます。

長いことお待たせしてしまい
申し訳ありませんでした。

これから一つずつ
心を込めてお作りさせていただきます。

これからもどうぞグラスアトリエHAKUをよろしくお願いいたします。

つづく

0コメント

  • 1000 / 1000