WSで作るサンキャッチャー2種

10月29日(土)、azuki cafeにて
HAKU創作サンキャッチャーのワークショップを
行います。


【ワークショップ詳細についてはコチラ】
今日は、そのWSで作って頂く
HAKUの創作サンキャッチャーの作品詳細を
ご紹介したいと思います。



サンキャッチャーは2種類、
『虹の輪』と『花の輪』。

どちらか好きな方を選んで所用時間30分ほどで
組み立てていただきます。


まずは
サンキャッチャー 『虹の輪』

試作段階では

輪の中に虹色の丸ビーズをもってくるか、
スワロフスキーのオクタゴンビーズをもってくるか
で悩みましたが、
輪の透明感を強く出したかったので、

最終的には写真右側の
『輪の中にスワロフスキーオクタゴンビーズ』
のタイプに決定しました。



トップに使用しているのは
アスフール社のクリスタルボール(30mm)。
よく、中国産などの安価なクリスタルボールは
紐通しの穴の部分が、白く磨りガラスのように
ガサガサしてしまっているのですが、

アスフール社やスワロフスキー社のボールは
穴の部分もクリアに透明感があり
とても美しいです。


今回使用するアスフール社のボールは
スワロフスキーに比べると
多少カット面が大きく、形も少し雫型ですが、

カットの美しさとガラスの質は
文句なしの美しさです。

虹のプリズムもスワロフスキー同様に
たくさん出るので、

このトップボール一つだけでも
お部屋の中が虹の揺らめきでいっぱいになります。

このサンキャッチャー『虹の輪』は
7連の輪と虹色の丸ビーズが水玉のように連なる
華奢な印象のサンキャッチャーです。



続いて
サンキャッチャー『花の輪』です。

6つの輪が1つの輪を取り囲み
その1つ1つの輪の中に
スワロフスキーのオクタゴンビーズが揺らめく
かわいいサンキャッチャーです。

長く垂れ下がった一番下部分には
3つのクリアビーズを連なるように留め
トップボールに続きます。



何より印象的なのが
このお花畑のような可愛らしいモチーフです。
光が当たると一斉にキラキラと光を散りばめます。

このスワロフスキーのオクタゴンビーズのうち、
3つだけはカラーで
色をお好みで選んでいただけるようにしようかと
考えています。


トップに使用しているのは、こちらも同じく
アスフール社のクリスタルボール。

30mmあるので、存在感があります。


『虹の輪』『花の輪』
どちらも全長が約60センチほどになります。

どちらも虹のプリズムが贅沢に出て
お部屋が虹の揺らめきでいっぱいになりますよ。


さて私の方も、ワークショップに向けて
使用する創作パーツの製作を徐々に進めています。

ハンダのついた銅線で輪を作るのって
実は意外にすごく力を使うんですよ。

今回は数が多いので、もう両手がワナワナで、
力が入らなくなってきたらこの日の作業は
終了です(^^;;

腱鞘炎再発、ギリギリです(>_<)


輪になった銅線は、歪みのないよう
一つ一つ、綺麗に
ペンチで形を整え直していきます。

簡単にできていそうに見えて、
実は大変デリケートな作業なんです。


さらに小さな輪を用意して、
大小4つの輪をハンダづけすれば、
ようやく一つのパーツが完成です。

フゥ〜、あと何個作るんだ?(>_<)
ここまではアトリエであらかじめパーツを作って
ご用意しておきますので、

ワークショップでは、それぞれの銅線パーツと
スワロフスキービーズや丸ビーズを
丸カンで繋げていって頂くだけです。

簡単ですのでどなたでもできますが、
細かい作業になりますので、
必要な方は眼鏡などご用意してくださいね。


この『虹の輪』『花の輪』は
今回のワークショップに為にデザインしました、
HAKUオリジナルの創作サンキャッチャーです。

他にはないデザインで、
今回、お値段にも大変お得な内容となっているかと
思いますので
是非この機会に、お部屋のインテリアに
サンキャッチャーの虹の光を取り入れてみては
いかがでしょう。

虹が見えた時は
何とも言えない幸せな気持ちになりますよ♡


ワークショップ参加のご予約は不要です。

開催場所【azuki cafe(宮城県富谷市成田)】の
詳細住所や、クラフトフェアについて
詳しくお知りなりたい場合は、
azukicafeに直接お問い合わせ下さい。

又は、
私のHP内の『お問い合わせフォーム』から
お問い合わせ頂いても結構です。

皆さまのご参加をお待ちしております。
どんな方にお会いできるかな。
ドキドキ♡



0コメント

  • 1000 / 1000