今日のサンキャッチャーWS

『HAKUで作るサンキャッチャーは輝きが違う。』
と、よく言われます。

それは、HAKUがアトリエで使用するサンキャッチャーは、ガラスの品質に一番にこだわっているからだと思います。

 サンキャッチャーを見る時は、まずトップボールの紐通しの部分をよく見てみてください。

紐通し部が、白くすりガラスのようにザラつきが見られる場合は、大体ノーブランドのものです。
品質は残念ながらほとんどがあまりよくない物が多いです。

高品質なブランド物のクリスタルボールは、鉛の含有率が高く、重量があり、またカットが極めて美しいので、紐通しの部分を含め、全ての部位において、エッジの効いたガラスの煌めきがあります。

そして、紐通し部分にはそれぞれメーカーごとの刻印がしてあることも特徴です。
この刻印が、品質の証とも言えるのです。

長々と、すみません。



さて、今日のサンキャッチャーWSも、無事終わりました。


アトリエにリングパーツの在庫があれば、HAKUのオリジナルデザインと同じサンキャッチャーも作って頂けます。

それがこちらのhananowaサンキャッチャー。


hananowaのリングパーツが最後の一つだけだったので、在庫なくなっちゃいました。
また私が作っておけって話なんですけどね。



こちらはnijinowa。(の一部^ ^)


このnijinowaのパーツ部分をうまく作品に取り入れて、長〜いサンキャッチャーが出来ました。
長すぎて写真に収まりきりません。
この上の方までもっとパーツが付いています。

手作りだからこそ実現するロングサンキャッチャーです。
なかなか市販でそこまで長いのって、売ってませんからね。


逆に、こちらはミニミニサイズ。
写真では分かりませんが、20ミリの小さいスワロフスキークリスタルボールを使って、手のひらサイズのサンキャッチャーになっています。
車用に作りました。

車内に取り付けるサンキャッチャーは、カーブで揺れた時に窓にぶつからないように、また、スペクトルが出過ぎて運転の邪魔にならないように、安全面も考慮しながら作ります。


そして最後に、こちらはとーっても個性派の生徒さんオリジナル作品です。


仙台といえば、七夕祭り。
七夕の吹き流しをステンドグラスと色とりどりのスワロフスキーで表現しようと試みました。

イメージはあるんだけど、どう作っていけばいいか分からず、途中で行き詰まってしまった、という生徒さん。

そんな時、私は、生徒さんの頭の中のイメージを形にするお手伝いをさせていただいています。



おもしろい作品が出来ました。
発想が素晴らしいです。


サンキャッチャーWSでは、色とりどりのスワロフスキーに私までもが毎回色に癒されます。

次回サンキャッチャーWSは8月5日開催の予定ですが、公募する前に満席となってしまいました。

開催が不定期のサンキャッチャーWSではありますが、開催の場合はHPブログ、FB、Instagramにて告知させていただきます。

ご興味のある方は是非、HPなどをたまにチェックしてみてくださいね。

本日もありがとうございました。

0コメント

  • 1000 / 1000