15年前の自分と向き合う

なぜか無性に
昔作った、あるパネルが見たくなって
仙台に持ち帰って来ました。

もう開けることはないだろうと思っていた、
頑丈に梱包されたパネル。

15年前。リーマンショック真っ只中。

大学を卒業して
勤めていたのは建築士事務所。
専門学校でステンドガラスを勉強しながら
シフト勤務で仕事をさせてくれていた、
とても理解のある社長でした。

でも、時代の流れには逆らえず
建築会社が軒並み倒産していく中
社長も苦渋の決断で会社をたたみ

私はステンドグラスの専門学校を卒業。
再就職活動を余儀なくされ
幸か不幸か、一部上場の建築不動産関係の会社に
転職することになるのです。

ステンドグラスの工房を持ちたい。

そんなのは夢物語のようにすら思えるくらい

生きるために稼ぐってことが
こんなにも厳しい現実なんだってことを
社会から学び

私はステンドグラスの夢に
そっと蓋をしめたのです。


あれから随分月日は流れたな〜。

幾重にも巻かれた紐を解き
パッキンが外れたと同時に
15年前のあの時と同じパテの油っぽい匂い。

もう2度と
パネルを作ることはないだろうと思っていたのに…

なんてことを思いながら
まだ未熟だった15年前のパネルのパテ掃除をする。

いやいや、出るわ出るわ。

あの時、確かに最後は時間がなくて
仕上げまで丁寧に仕切れなかった。
にしても、こんなに雑だったんだ。
話にならんくらい汚いねー。
多分、きちんとやったつもりだったんだろうね。
まだまだ青いわ、私。


2、3時間やったくらいじゃ終わらない。

真夜中に没頭しながら
若くて夢に溢れていた頃の自分にほくそ笑みながら
昔の垢を落としています。

0コメント

  • 1000 / 1000