丸と四角の絵付けパネル

グラスアトリエHAKUのkaoriです。


このパネルは
公共建築をテーマにデザインしました。

実際は8枚組みのパネルで
この2枚の赤、青の他にも
レインボーカラーで展開されるパネルです。


まぁ実際に公共建築に使われるなんてことはなく、
我が家の平凡な戸建て住宅の窓際に
無造作に放置されているだけなのですが

広〜い空間に真白の壁
四角く開けられたスペースに
このパネルが8枚、ポンポンとはめ込まれた様を
一人妄想してニヤニヤしています。



一見シンプルな四角と丸のデザインですが
実はこれ、絵付けパネルです。
いろんな仕掛けがあります。(笑

ブラックのガラスは一枚も使っていません。
サンゴバンのクリアを2、3回焼成して
絵付けで黒を表現しています。
だからテクスチャーにわざとムラがあります。

また、クリアに見える部分は
クリアガラスに『汚し』という技法を使って
光を止めています。
すりガラスのよう後ろの景色がボヤけているのが
分かりますでしょうか?

クリアガラスの光を止めることによって
対比でカラーガラスの鮮やかさを際だたせ、

また光の強さで全体が拡散するのを防ぎ
眩しすぎず
外部からの視線を遮る効果もあります。


それから全ての四角ピース、
よく見ると角が丸いデザインになっています。

四角ピースだけの角角しいデザインを
少しでも柔らかく見せようと思ったからです。
パテがはみ出てるんじゃありませんよ。笑

丸模様に使用しているフラッシュガラスは
グラデーション加工をし色を抜いていますが
残念ながら写真では全然分かりませんね。


原色使いの配色で
明るく楽しい空間をイメージしながら作りました。

stained glass(=Vitrail(仏))
  色ガラスに絵付けが施された物が焼成され
  鉛桟で組み立てられているもの。

意外と知られていませんが、
ステンドグラスの本来の定義です。

ステンドグラスの原点に立ち返り
絵付けによって色と光と影を多分に操ったパネルです。

0コメント

  • 1000 / 1000