ステンドグラスの修復

先日ね、
耐荷重量を守らずにレールがランプごと
天井からすっこ抜けてね。
この写真を撮ったあとに。

でも奇跡的に
全てランプは無傷だったんです、って話をして
あー良かった良かった、のハズだったんだけど。。


…こないだ、発見してしまいました。


やっぱりね…
見落としてました。
ショーック

しかたなーい!
運良く、この場所なら一番直しやすい。
なおします。


ではダイジェストでお送りします^ ^


割れたピースを取り外すため
周辺のハンダを溶かし接触部分を外していきます。


ピースを割りとります。


無理にはがさずハンダを溶かしながら少しずつ。


ピースが全てとりのぞけました。


新しく、同じピースを用意します。


仮止めします。

ラインをハンダで綺麗に整え、
周囲とのハンダラインとも馴染ませます。


あ、これは関係ないんですが
ハンダゴテが熱いうちに、
明日のワークショップの下準備。
ガラス玉にハンダ仕上げしておきました。


綺麗に洗って、黒く染めれば
ジャーン

もうどこ直したのか私でも分からなくなりました。

よみがえって良かった。

ステンドグラスは、一部分割れてしまっても
修復が可能ですよ。
(場所によっては、無理に修復するより
作り直してしまった方が早い場合もあります。)


やっぱり今日もこんな雑務に追われてしまって
予定外。
早く製作に入らなきゃ。
がんばれ自分!!


今日もブログをお読みいただきまして
ありがとうございました!




0コメント

  • 1000 / 1000